穴場ホールの見つけ方の話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

みなさんパチンコ・パチスロを打つ方であれば誰しもが、良く通っている「マイホール」という存在があるはずです。

マイホールの選び方としては

  • 家から近い
  • 職場から近い
  • 設定が入っている
  • 稼働が適度で快適に打てる

等様々な理由があると思います。

ただ皆さんどうせパチンコを打つなら回るお店、パチスロを打つなら設定が入っているお店で打ちたいですよね

ただそういうお店ってライバルがたくさんいて、その美味しい台にたどりつけないイメージってないですか?

実際特に大型店に多い客層として所謂「プロ」、またその集団というのがどこの地域にもいます。

パチンコ・パチスロで生計をたてている人種ですね、彼らのパワーは本当に尊敬します。

この方々と勝負をして、高回転・高設定の台に座るって相当難しいです。

日々データを取る必要がありますし、後ヅモを狙うにしても人数に任せて徘徊をしている担当がいる事もあるので相当な根気がいるのは確かです。

であるならば、出来るだけライバルの少ないお店で設定に期待出来れば最高だとは思いませんか。

そんな夢物語がある訳ないじゃないかと思う方が多いと思いますが、実際に僕が営業時代に担当をしていたお店では、設定を使っているのに客がつかないと嘆いているお店は多くありました。

今回はそんなお店の共通点をいくつかお話したいと思います。

①聞いた事もないような雑誌イベントを開催している

これは結構な確率で頑張って設定を使っている事が多いです。

なぜ、このようなお店がライバルが少なくてかつ、高設定を投入しているのかというと、名も知らないイベントを打っているということから2つの事が読みとれるのです。

  • 稼働が無く、儲けが少ないのでイベントにかける費用がない
  • 設定を入れているのに反応が無いためイベントに頼りたい

以上の2つの事が読み取れます。

稼働をつけて利益を出したいお店がまずやる事の一つとしては種まきのために設定を入れて還元をする事です。

そもそも還元なんてする気のないお店はイベントに使うお金すらケチりますし、設定1放置で常連から抜けば良いと考えています。

だからこそ、こういうイベントでは設定を入れている事が多いです。

ただ注意点としては、誰も通っていないホールで稼働も少ないので傾向と対策を練りにくく、狙い台を絞りにくいという考え方もあります。

しかし、狙い台さえ絞れれば抽選なんてあって無いようなものですし、カニ歩きをしながら高設定を掘り出す事も可能です

②絆・凱旋・ハーデスなどのメイン機種の台数が少ない

ホールラインナップを見た際に、上記のようなメイン機種が多くある店舗は要注意です。

僕の経験上、機械で稼働を取りに行くようなお店では設定投入率は低めです。

また、これらの荒い機種は実際に甘かったりするので、少ない稼働の中で一撃をお持ち帰りされてしまうとその日の営業が赤字になる事も多々あり、赤字→締めの負のスパイラルもおきがちです。

一方で、このようなメイン機種に頼っていないお店は、適度な設定投入で集客を図ろうとしているところが多いです。

ホール開拓の際には一度ラインナップを分析するのも一つの手であると言えます。

まとめ

今回は例を2つ紹介しましたが、結論として一番簡単に高設定にたどり着く方法は人気店で抽選を勝ち取ることです。

ただ、人気が全くないお店にもお宝台が眠っている事は確かですので、普段目を向けないお店にも目を向けてしっかりと分析をしてあげる事で選択肢は大きく広がると思います。

誰にでも過疎ボッタくり店としてレッテルを貼ってしまっているお店ってあるんじゃないでしょうか。

明日、普段通っているお店ではなく、近くの小さなお店にも顔を出してみてください。

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ
タイトルとURLをコピーしました