ディスクアップ3万ゲームを統計してみる話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

ディスクアップを統計してみるシリーズですが、5月からはじめて3万ゲームの統計をとることができました。

統計データを公開する前に今まで書いてきた稼働日記に関してお知らせをしたいとおもいます。

このように稼働をするたびに逐一ブログを書いていたのですが、いかんせん非液晶機は展開がワンパターンでネタに困ります。

最初は良かったのですが10記事も近くなると、文章も思いつかず筆が重い日々が続いておりました。

そこで、ブログではある程度の稼働が貯まった際にまとめとしてデータを載せることに決めました。

その代わり、日別の稼働についてはtwitterで報告をしようと思います。

試験的に7月6日の稼働データを以下の様に載せました。

140字であれば更新も楽になりますし、タイムリーなデータをお届けできると思い、このような形をとる事にしました。

まだ、稼働日記に載せていないデータもあるのですが、これは今後時間があれば公開したいと思います。

それでは前置きが長くなりましたが、ディスクアップ3万ゲームのデータをご覧ください。

ディスクアップ稼働データ

稼働日2019年5月12日~2019年7月6日

  • 総ゲーム数:31221G
  • ボーナス合算確率:1/183.7
  • BB確率:1/266.8/(117回)
  • RB確率:1/567.7(55回)
  • ビタ成功率:82.4%(690/837)
  • DT突入率:44.1%
  • PAYOUT:103.4%

投資9380枚 回収12523枚 差枚3143枚

なんと機械割が103%超と設定1フル攻略の数値を超える結果となりました。

要因としてはやはりBIGボーナスの引き強ですね。

ディスクアップの設定1のボーナス確率は

  • BB 1/288.7
  • RB 1/496.5

なので10回ほど設定以上に引けている計算になります。

また、このデータはほぼ同一ホールでの統計になるのですが、日ごろ高設定が投入されていそうな島だとは思っていたのですが、蓋を開けてみればボーナス合算は圧倒的な設定1のデータになりました。

体感的には5.6とは言わないまでも2には何度か座れているんじゃないかと思っていましたがそれは幻想だったようです。

こんな甘い機種の設定ベースが高い訳はないですね。

いつも適当に座っているので納得の結果です。

そしてビタ押しの精度ですが、まあ多少のブレはありますが、私の実力は8割程度のようです。

お世辞にも上手いとは言えない数字ですが、最近は徐々にコツを掴んできたような気がします。

これは直感でしかないのですが、壁を乗り越えそうな気配があります

まずは8割5分の精度を目指して、またディスクの稼働に励んでみようと思います。

以上が3万ゲームの統計データと所感になります。

結論を言うとやっぱりディスクアップは甘い。

また、稼働データが貯まったら公開したいと思いますのでお楽しみに。

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ

タイトルとURLをコピーしました