【稼働】ディスクアップを統計してみる話 その7【稼働日:5月31日】

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

この日は仕事終わりに少しディスクを触ったのですが、予定が途中で入ってしまい、あまり回していません。

なので、今回は僕がビタ押しを覚えた機械についてお話したいと思います。

シスタークエスト2~魔剣の騎士と白銀の巫女~

こちらは2011年に今は無き(?)SNKからリリースされた

シスタークエスト2~魔剣の騎士と白銀の巫女~

というA+RTの台になります。

当時僕はこの台に尋常じゃなくハマっていまして、ホールに行っては永遠と回していた記憶があります。

この台は決して技術介入が難しい台ではないのですが、RBを引くと「目押し道場」というミニゲームを遊ぶ事が出来ました。

この目押しゲームを全問正解すると、設定判別要素の画像が出現するというゲーム性でしたが、これをクリアするために必死でビタ押しの練習をしていました。

結局全問正解した記憶はないのですが、これのおかげで小役の図柄まで視えるようになりました。

そしてディスクアップの高いビタ押し成功率にも繋がっているんですね。

それでは本日のディスクアップのデータをご覧ください。

  • 総ゲーム数:615G
  • ボーナス合算確率:1/123.0
  • BB確率:1/153.8(4回)
  • RB確率:1/615.0(1回)
  • ビタ成功率:63.2%(12/19)
  • DT突入率:0.0%
  • PAYOUT:123.0%

投資50枚 回収642枚 差枚592枚

シスクエで鍛えたビタ押し力が火を噴いた形となり、勝利につながりました。

みなさまはどんな機械でビタ押しを覚えたでしょうか。

それでは次回の稼働にご期待ください。

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ

タイトルとURLをコピーしました