【稼働】ディスクアップを統計してみる話 その9【稼働日:6月8日】

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

2019年6月8日(土)稼働

なぜかここ最近調子が良くて3連勝中です。

貯玉も安定してきたので現金投資の心配をしなくてよいのが本当に嬉しいです。

僕が稼働しているホールは貯玉再プレイ上限がないので、交換率ギャップはあるのですが、安心して設定1に座れます

正直11.2割分岐(5.6枚交換)でディスクアップの設定1を打ち続けるのはお財布的にはどうかと思います。

交換率ギャップとの兼ね合いって非常に難しいんですが、計算すれば期待値は出せます。

同じ出率の機械でも、AタイプとATタイプでは交換率ギャップ込みの期待値が変わってきたりもするので今度計算してみましょうかね。

話は脱線しましたが、そういった意味では僕の住んでいる地域は恵まれていたりします。

まだ全国には等価地域もあるので、一番とは言えませんが。

さて、今日も今日とてディスクアップに座りましたが、最近の調子そのままに低投資で当たりを引きました。

その後もあたりは軽いのですが、連荘は引けない模様。

何度かBIGを引きつつも下皿をもみもみしていると、ボーナス判別にひっかからないあたりを引きました。

僕の目押し力はミスターサタン級(18)なのでどこでミスったのかなと思っていると飛んできたのはこの企画初の異色BIGでした。

DTなしでしたが、ディスクアップに設定なんて期待していません。

嘘です。少しソワソワしました。

このホールはディスクアップをBOX導入しているので正直ある程度設定状況は悪くないと思うんです。

もちろんベースは1で間違いないのですが、これだけ台数があるとおそらく普通の4.5台のホールを主戦場にしている方々よりかは上を打っている気はしています。

ディスクアップの良いところはジャグラー等のAタイプと違って履歴打ちをしたところで結局出率100%は超えているという点ですよね。

なんの気兼ねなしに、合算が良い台に座れます(僕は基本的に隣がいない台に座りますが)。

この日は珍しく2000G超打ちましたが、最後におはシンディしてまとまった出玉をもって終了しました。

投資200枚 回収713枚 差枚513枚

  • 総ゲーム数:2272G
  • ボーナス合算確率:1/189.3
  • BB確率:1/227.2(9回)
  • RB確率:1/757.3(3回)
  • ビタ成功率:86.6%(71/82)
  • DT突入率:44.4%
  • PAYOUT:107.4%

総データ

  • 総ゲーム数:16641G
  • ボーナス合算確率:1/180.9
  • BB確率:1/260.0(63回)
  • RB確率:1/573.8(19回)
  • ビタ成功率:83.6%(367/439)
  • DT突入率:41.7%
  • PAYOUT:104.7%

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ
タイトルとURLをコピーしました