牙狼は救われるのかという話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

7月8日ホールデビューの「P牙狼冴島鋼牙XX」に関するお話です。

牙狼と言えば往年の超ヒットシリーズですが、ここ最近の規制の流れからちょいばかしとその力を疑われはじめております。

やはり高いスペックが大きな特徴の機械ですから、新基準で出玉規制が敷かれている今、かつての人気を博すことは難しいだろうと言われています。

機種概要

大当たり確率1/319.68→1/99.75
確変突入率ヘソ:33.2% 電チュー:100%
ST160回
賞球数4&1&2&3&15
ラウンド10R
カウント10カウント
出玉約1500個
電サポ100 or 160回

通常時のあたりは33.2%でSTに突入し、通常を引いた場合でも100回転の時短で引き戻す事が出来ればST突入といういわゆる突破型STとなっており、実質ST突入率は51.2%となります。

また、STの引き戻し確率=継続率は80%となっており、高継続率で出玉もALL1500発出てくるというのが魅力のスペックとなります。

まあしかし本当にタルそうなスペック、というのが一目みた時の印象です。

詳しい規制の内容は割愛しますが、今の新台は短時間で多くの出玉を吐き出す設計が出来ません。

したがってALL1500発というスペックを実現するためには、今回の牙狼のように突破型にして当たりの時間を長くせざるを得ないのでしょう。

導入されて一週目、はじめての休日も迎えユーザーの声はどうなっているでしょうか。

ユーザーの声

twitter上の声で気になったものをピックアップします。

牙狼33%厳しそう

そもそも、突破込みで51%の認識が無い方も多いみたいです。

出玉スピードがめちゃくちゃ遅い

「牙狼 遅い」がサジェストに載るほどやはり遅いというコメントが段違いで多かったです。

結構人気で打てない

スペックダウンは否めないとは言え、牙狼シリーズのコンテンツ力は絶大のようで流石に1週目で客が飛ぶというような状況ではないみたいですね。

中古価格からみるこれからの展望

中古価格.com

牙狼の今の中古価格は43万円程度です。

新台価格は53万円なので、1週目で既に10万円の値下がりがあります。

また、かなり売りに出ている台数が多いので、価格はこの後どんどん下がっていく事が予想されます。

つまり、中古価格からみる観点で言うとホールはこれから「牙狼冴島鋼牙」を大事に扱おうとは考えていません

もちろん牙狼が人気のホールや、牙狼を大好きな店長もいるので、全てのホールにはあてはまらない考え方であるということはご理解頂きたいのですが、単純に勝ちたいという理由で牙狼を今後打つ事はおススメできません(ただしスペックは甘めの設計です)。

僕としては直に牙狼のコーナーは通路と化してしまう気がしてなりません。

牙狼の今後を見守りましょう。

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ
タイトルとURLをコピーしました