7月7日の魔力の話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

7月7日と言えば全国のパチンカー・スロッターがホールに一同に会する年に一度のお祭りですね。

今年は丁度日曜日ということもあり、普段仕事をしているサラリーマンの方も朝から並んで稼働をしたのではないでしょうか。

私も例にもれず朝から並びましたが結果は散々たるものでした。

いったい何のためにディスクアップでせこせこ貯メダルをつくってきたのでしょうか。

本日の養分稼働で危険水域まで下がってしまったではないですか。

皆さんは無事高設定に座れてたでしょうか。

僕のように爆死した人も多いんじゃないでしょうか。

さて今回は7月7日って本当にアツいのかという話をホール目線からしていきたいと思います。

7月7日って本当にアツいの?って話

某所では7月7日被害者の会なんてものが発足されていたりしますが、実際に設定状況はどのような形になっているでしょうか。

結論から言うと、通常営業から頑張っているようなホールは尋常じゃないほど設定を入れています

例えば業界最大手のマルハンは、地域差はあるかもしれませんが僕が営業をしていた地域は引くほど設定を入れていました。

また地場の法人であっても、毎月の特定日にそこそこの設定を入れているホールであれば、店長大丈夫ですか?(中には赤字営業も)ってくらい入ってます。

もちろん全台に設定を入れる訳にはいきませんから、負ける人も出てきてしまうのは仕方が無いんですがね。

とにかく7月7日は並ばないと本当に損だなと感じたのは間違いないので、僕は来年も並ぶ事は間違いでしょう

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ
タイトルとURLをコピーしました