パチスロ台が1台300万円する話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

みなさんマイホールに対して

「なんでクソ台ばっかり導入して、面白い機械を入れないんだ」

という風に感じたことはありませんか?

実は機械って面白さに比例して値段も高くなるので、高い機械はなかなか導入出来ないんです。

この話をするためにはまず入替に「新台入替」と「中古入替」の2つがあることをお話ししなければなりません。

新台入替

「新台入替」とはその名の通り、メーカーから新しく出る台を買って既存の台と入替をおこなうことです。

たとえば6月に出る「Pうる星やつら」を最速の6月3日に導入するのが新台入替です。

また最速で導入していなくても、メーカーから購入して入替をしていればそれは新台入替になります。

新台の価格は大体35万円~45万円程度で、メーカーによって大きな差はありませんので、ある意味平等に機械選定を行い入替をすることができます。

中古入替

中古入替は一方で、すでに導入が済んでおり中古市場に出ている機械を中古業者から購入して入替をおこなうことを指します。

なぜ中古市場が生まれるのかというと、新台を入替える際に撤去した機械というのは捨てるのではなく、専門で買い取ってくれる業者がいるからなんです。

中古価格は、基本的に他の業界と同様に市場に出てから日がたつにつれ下がっていくので、新台を買う資金力のないホールは中古機を購入することで入替を打つことが出来るのです。

ただ、結果の出た機械というのは需要が高くなるので、価格も比例して引き上げられるのがこの業界の特徴です。

パチスロ台が1台300万円する話

ぱちんこ・パチスロ機の中古相場というのは実はユーザーでも簡単にネットで確認することが出来ます。

それでは実際に今週のスロット中古流通相場を見てみましょう。

1位の前作「聖闘士星矢 海皇覚醒」はなんと約240万円の値段がついています。

またごらんの通り一時期は300万円以上で取引がされていました。

このように価格高騰が起きていますが、新台価格は通常通り40万円程度だったんです。

これではよっぽどの資金力のあるホールしか導入は出来ませんよね。

だから店長は面白い台と分かっていてもクソ台しか導入できない場合があるんです。

みなさんもぜひ暖かい目でみてあげてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに今回参考にしたサイトはこちらです。

中古機相場.com

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ

タイトルとURLをコピーしました