老舗が閉店した話

スポンサーリンク
ぱちんこ&パチスロ

みなさん「パチスロ悟空」というホールをご存知でしょうか。

東京近辺にお住まいの方なら一度は耳にした事があると思います。

昔ながらのお店で2011年の広告規制直後も際どいイベントや告知をバンバン打っていたイケイケのホールでしたが、先日会社が倒産しあえなく閉店となりました。


~新宿駅前の有名店「パチスロ悟空」を運営~

(株)上今コーポレーション(TSR企業コード:293141347、法人番号:4011101030303、新宿区新宿3-35-10、設立1981(昭和56)年7月22日)は4月24日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には舩木秀信弁護士(りべる総合法律事務所、中央区日本橋茅場町3-12-2、電話03-3249-1081)が選任された。
 負債総額は約3500万円。
 都内で「パチスロ悟空」を経営していた。新宿駅前の本店は、地域の老舗店として相応の知名度を有し、2004年12月期には新規出店などにより売上高約46億1274万円をあげていた。
 しかし、その後は客数の低下等が影響し売上は減少傾向で推移していた。こうしたなか、2018年には聖蹟桜ヶ丘店を閉店。その後は新宿、八王子の2店舗体制で営業を続けていたが、業況の改善も見込めないことから2019年4月、残る2店も閉鎖し事業を停止し、今回の措置となった。


東京商工リサーチ

知らない方にとっては日々規模が縮小する業界の1閉店にしか感じられないと思いますが、僕は新宿本店で何度か美味しい思いをした経験があるので当時の話を少ししたいと思います。

アウトな告知のオンパレード

僕が悟空に何度か足を運んでいた当時はたしか、「5のつく日」と「9がつく日」が特定日のイベントでそのほかにもサイクロン等雑誌イベントを毎日のように打っていました。

雑誌イベントの中でもサイクロンは特に強く、雑誌の出玉ランキングでは毎回の様に上位を獲っていたと記憶しています。

強イベントであれば設定状況はかなり良く、噂をききつけたぼくは朝一、新宿の店舗に向かいました。

まず店舗について衝撃を受けたのが店舗の自動扉の張り紙です。

  • 7上段揃い
  • 7中段揃い
  • 7下段揃い
  • 7右上がり揃い
  • 7左上がり揃い

張り紙には「7揃いのパターン」が書かれており、さらに「この中のパターンの1つが?!!」と書いてありました。

お気づきの方も多いと思いますが、朝一の出目によって設定示唆をしていたのです。

当時既にイベント規制ははじまっていましたので、こんな事をしていいのかと戸惑いながらお店に入店すると、店員がマイクで

「末尾台が本日の日付の台がねらい目、全台最幸でお出迎え」

もうこのあたりから脳が麻痺してきましたが、比較的早番を引いたぼくは末尾6番台のパチスロ化物語に座りました。

圧倒的6挙動の化物語

未だに根強いファンの多いサミーの名機パチスロ化物語

僕はしばらく打っていないので記憶があいまいですが、設定判別要素は「解呪の儀」というCZがループする解呪連モードに入れば入るだけ高設定に期待できるという台だったような気がします。

あまりの煽りに脳が麻痺して、設定6をツモってしまったんじゃないかという期待に胸を膨らませながら打っていると、上記の解呪連に入る入る、出玉を順調に伸ばしていました。

そんな中お昼ごろにフリーズを引き、その日の勝ちを確信すると急に店員が近づいてきたのです。

別積みでもするのかなと思っていると台上になにやら丸い札をスッと差してどここかに去っていきました。

上を見上げると

「最幸」

と書かれた札があるではありませんか。

札が刺さった時の脳内麻薬の分泌は尋常じゃなかったです。

1日中ニコニコしながらブン回して7000枚ほどお持ち帰りしました。

  • イベント告知
  • 出目示唆
  • 札差し

と当時の規制状況ではアウトのオンパレードでしたが、そんなご時世だからこそ攻めたスタイルを貫く悟空は人気の店舗だったんでしょうね。

晩年の状況は分かりませんが、規制がより強くなってついに屈してしまったのではないかと思います。

もしかしたら全国にもこんなホールがまだ残っているかもしれません。

お暇があれば新規開拓を狙って、普段と違うホールを攻めてみてはいかがでしょうか。

さいごに、悟空のP-wordが残っていたので掲載しておきます。

パチスロ悟空本店

伝説の一端をぜひごらんください。

 

 

 

↓PUSHで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 パチンコブログへ
タイトルとURLをコピーしました